スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | Comments(-)
  カンニバル!ザ・ミュージカル


ネットでバカ映画の評価を受けていたこの作品。
せっかくの評価を参考にしない私に幸あれ。

カンニバルという題名から食人がテーマであることは想像に難くないのですが、
ミュージカルと銘打たれている以上陽気な話であろうと気を緩めていたところ、
のっけからグロいシーンの洗礼。
が、結局グロいのは大体この冒頭部分だけだったので、
この映画を見てみようかという奇特な人は留意しておくと吉か。

食人の容疑で捕えられた主役が
何故こんな状況になったのかと回想する形で物語は進んでいきます。
黄金を手にすることを夢見て数人の仲間とともに長い旅をしていた主人公たち。
ミュージカルを混じえて語られるのは、決して平易ではなかった旅の詳細。
途中、インディアンたちに助けられたりします。



おもいっきり日本人だけど。
後ろに日の丸もあるし、何より台詞が思いっきり日本語です。
しかも、君がこの映画の主人公なんだろと思いっきりメタ的な言葉まで吐く始末。
やりたい放題とはこのことですね。
そんな胡散くさいインディアンの酋長は
非常に演技くさい身振り手振りで主人公たちに問いかけます。



会って早々にクソどもとか言われる主人公たち。
後ろの奴、やる気ないだろ。

インディアンたちと別れた後も、黄金探しの旅は続きます。
が、過酷な旅のため用意していた食料はすぐに底を尽いてしまいました。
やがて空腹と疲労からくる仲間割れで命を落とす一人。
そして、その遺体を前に
極度の空腹から頭をよぎる最悪の考え。
遺体の肉を食べてしまえ、と。

躊躇しながらも
亡くなった仲間の血肉で空腹を満たそうとする主人公たち残された一行。
食べやすい大きさにカットして、いざカニバル。



どう見ても鶏肉です。
このもっちり加減はきっと良質の鶏肉。



主人公も恐る恐る口に運びます。



おまえはもっと細分化しろ。

ひとまず飢えを凌いだ主人公たちは
さらに旅を進めます。



食べかけの彼も一緒かよ。
しかも、作りが雑だ。

またも追い詰められた彼らですが、
そのうちの一人が新たな食料を得るため、主人公や他の仲間たちを殺しにかかります。
仲間殺しを拒絶しながらも、
殺されそうになって反撃したはずみで最後の仲間を殺害してしまう主人公。
そして、食人鬼の濡れ衣で逮捕されてしまったという顛末でした。

冤罪で処刑されようとする主人公でしたが、すんでのところで処刑を免れます。
助けれくれたのは、主人公の話に親身に耳を傾けてくれた愛する女性と、
なんとあの胡散臭いインディアンの酋長。
まさかまた登場するとは。

そして迎える大団円。
主人公の幸せな結末を祝福します。



誰だよ、おまえ。
スポンサーサイト
関連記事リスト
2007年02月27日 | E・ある意味最高バカ作 | Comments(14)
  人間消失 トリビュレーション・フォース


ストーリーを簡潔に説明すると、
神を信じていない悪い奴は許せないという信仰の篤いキリスト教徒の物語。
これだけ読むとものすごく胡散臭い話のように思えますが、
実際は輪をかけて胡散臭いです。

この映画は全三部作で、今作はその第二弾。
そのため、前作を知らない人にとっては初っ端から半ば置いていかれ気味
しかしながら、ご安心ください。
全編を通して置き去りにされっぱなしですから。

前作で世界中から大勢の人が消えてしまい、
残った人々は哀しみに暮れています。
そんな中、新たな指導者として一人の男が立ち上がりました。
彼は戸惑う人々の心をまとめるべく、国や人種の垣根を取っ払うことを狙う。
また、歴史的に見ても人間が対立する最大の理由は宗教であるとのことから
宗教を1つにまとめ、
世界統一宗教なるものを創り上げることを宣言。

前作で人を殺しているようですし、
自分が世界のトップに立とうとする黒い野望はあるものの、
言っていること自体は至極まとも。

しかし、そんな彼を反キリスト者として悪の権化のように捉える者たちが、
この映画の主役です。
反キリスト者へ戦いを挑む、大艱難に抗する戦士、
その名もトリビュレーション・フォース!
自分で説明していて改めてイタいなと思いました。
そんなイタい戦士の一人。



これはいい大泉洋さんですね。

全部で四人という完全なマイノリティであるトリビュレーション・フォースたちは
世界統一宗教を打ち出す反キリスト者に戦いを挑みます。
何かにつけて神を信じようキリストを信じようという言葉を口にするので、
キリストに対する信仰心のない私は、
その度に背筋にぞわっとしたものが走ります。
俗に言う悪寒というやつです。

その後、神とキリストの偉大さを全世界に知らしめるべく、
二人の預言者に会いにいきます。
宗教を統一するためにそれを阻止しようとする反キリスト者の勢力。
反キリスト者たちの銃弾が預言者に向けられます。



が、神の御加護という便利なもののおかげで全く弾は当たりません。
挙句の果てに、この預言者たちは火を吹いて反撃までする始末。



これも神の御加護ってやつの賜物ですね。
もうあんたらが神様でいいよ。
何だこの展開。
神を信じれば何でも可能だという考え方が何とも狂信者臭いですけど、
それはこの際目をつぶりましょう。

こうして神の威光を目の当たりにし、
信じられるのは世界統一宗教を打ち出す反キリスト者ではなく、
神の使者キリストであるという結論に達します。
ものすごくキリスト教に都合の良い結論ですね。

キリストへの信仰心のない人にとってはとても面白いバカ映画でした。 関連記事リスト
2007年02月17日 | E・ある意味最高バカ作 | Comments(22)
  ゼブラーマン


我らが哀川翔アニキの主演100作目を記念して製作された作品です。
脚本はクドカンこと宮藤官九郎という力の入りよう。



見るまでは
劇場公開された作品ながらVシネマっぽいと思っていましたが、
意外にもかなり出来の良い特撮映画です。
これは掘り出し物。
是非とも見て欲しいですね。



ゼブラーナース役の鈴木京香のコスプレも見どころ。
哀川翔と鈴木京香がコスプレってレアすぎるわ。 関連記事リスト
2007年02月13日 | A・必ず見て欲しい名作 | Comments(14)
  アタック・オブ・ザ・キラートマト


凶悪な殺人トマトが人を襲うというこの映画、早速ご紹介しましょう。
ちょっと長いですけれど、頑張って読んでください。

突如として来襲するトマトたちに人々は嘆き恐れおののきます。
国家の捜査官も例外ではありません。



トマトぶつけられているだけに見えますが、
本人たちは恐慌状態。



恥も外聞もなく助けを求めます。
ちょっと落ち着け。

一方、トマトは陸だけでなく海でも凶行に及びます。
海で襲われる女性の悲惨な姿が画面に。



海にトマトが浮いているだけで泣き叫ぶ女性。
おまえも落ち着け。



スーパーの野菜売り場でも人を殺害するトマト。
トマトの動きがピングーみたいです。

しかし、政府も手をこまねいているだけではありません。
精鋭部隊を召集し、トマトを倒すべく攻勢に出ます。
一人目は変装の達人サム。



鼻メガネは変装のつもりでしょうか。
殴りてぇな、こいつ。

二人目は水泳の達人グレタ。



トマト退治に水泳の達人という人選の意味が分かりません。
あと、にやにやすんな。

三人目は潜水の達人グレッグ。



トマト退治に潜水の達人という人選の意味が分かりません。
しかも、水泳の達人と役柄が結構かぶってるしな。



さらに、このメンバーを率いるリーダーがいるとのこと。
どうせ変な奴だろ。



やっぱりだよ。
パラシュートで登場するという無駄な魅せっぷりのリーダー。

さて、メンバーが揃ったところで、各々が動き出します。
変装の達人サムは敵地への潜入が任務。



トマトの変装でな。
ホント、こいつ殴りたい。
潜入に成功し、トマトたちの懐柔に成功したサムですが、
ある一言によって彼がスパイであることがトマトにばれてしまいます。



トマトに向かってなんという失言。
というか、トマトももっと早い段階で気づけよ。
哀れ、サムは殺人トマトの餌食になってしまったのです。
殺されてもこれほどまでに同情できない奴っていうのも珍しいな。
トマトよくやった。

一方、水泳の達人グレタもトマトをじっと待ち構えます。



山の中で。
全然水泳関係ない。
地の利を生かした戦法みたいなの考えないのよ。
ステロイドフレークをぼりぼり貪るグレタにもトマトは容赦なく襲い掛かります。



転がってくるトマトをサッカー選手よろしくキック、キック。
ホント、水泳関係ない。



そんなグレタも結局は巨大トマトに命を奪われてしまいます。
トマトよくやった。

そして、潜水の達人グレッグはと言うと。



公園の噴水で泳いでました。
端迷惑もいいところだし、それより仕事しろ。
大体、水嵩が低いから全然潜れてない。
トマトもしっかりこいつを襲っとけよ。

さて、抵抗も空しくトマトたちに次々と蹂躙されていく人間たち。
しかしながら、ふとしたきっかけで
トマトたちはある特定の曲を嫌うということが判明。
下手糞な歌なんですが、
それはさておき
打倒トマトの糸口を掴んだ生き残りの人間たちは一致団結してトマトに逆襲します。
精鋭部隊リーダーのフィンレター中尉が皆の先頭に立って士気を鼓舞。



いい加減パラシュートをはずせ。



苦手な曲を流されて弱ったトマトたちを踏みつける人間たちの図。
スケールの小さいスペインのトマト祭りにしか見えませんけれど、
あくまでも殺人トマトを倒している場面です。
フィンレター中尉も倒します。



だから、パラシュートをはずせ。

一気に優勢になった人間ですが、トマトも負けてはいません。
弱点を克服して舞い戻ってきたのです。
その方法とは。



ヘッドホンで耳を塞ぎました。
なめてんのか。

ヘッドホンで耳を塞ぐという奇想天外な対抗策を取られたトマトに対し、
主役の男はひるむことなく相対します。
そう、賢い彼は更なるトマトたちの弱点を見抜いていました。
聴かせることができないのなら見せればいいと。



楽譜を。
トマトは律儀に楽譜を読んで頭の中でメロディを再生してくれるらしいぜ。
これにより、親切なトマトは見る見る力を失っていきます。



小さっ。



こうして殺人トマトを一網打尽にし、エピローグ。
難点は主役の男がてんで格好良くないということ。
いまいち感動しきれません。
巨大トマトに殺されそうになっている女と、それを危機一髪で助けた男。
そこに愛が芽生えます。
何という薄っぺらな恋愛感情なんでしょう。

抑えられなくなった感情を爆発させ、
愛する人の胸の中へと飛び込んでいきます。



男が女に。
普通は逆だけど、 もうどうでもいいや。

かくして終わりを告げたトマトの恐怖ですが、
最後に暗雲が漂います。



次はニンジンみたいですよ。
ニンジンはトマトと違って尖っているから更なる脅威になりそうですね!

映画を見終わって真っ先に思うことは、
返す返すも、こいつは何だったんだろうということです。

関連記事リスト
2007年02月04日 | E・ある意味最高バカ作 | Comments(50)
  嫌われ松子の一生


主役である川尻松子が何者かに殺害され、
彼女の遺体が発見されるところから始まるこの映画。



その松子に興味を持った甥が
彼女の一生を追いかけていくというストーリー。



殺害犯人が分からないのでミステリー要素があるのかと思いきや、
そういった方向には話がまるで進まない。

この映画を一言で評するなら、
極限の不幸物語。
何をやっても裏目に出て、
誰かを信じれば結局は裏切られる。
傷つくことしかなかった不幸続きの松子の人生は
とにかく哀れで目を覆いたくなるばかり。



しかしながら、ところどころにコミカルな場面を散りばめ、
色彩も意図的に華やかにされているため、
ともすれば重くなりがちなストーリーに軽快なエッセンスを加えている部分は
非常に巧い手法だと思う。

松子は殺されてしまいましたが、
映画の終わり方は良かったので後味が悪いということはありません。
素直に感動できた。

何と言うか、
本当に不思議な作品です。



木村カエラも出ているよ。 関連記事リスト
2007年02月02日 | B・見ても損はない良作 | Comments(18)
目次 (10)
S・映画史に煌めく傑作 (149)
A・必ず見て欲しい名作 (201)
B・見ても損はない良作 (184)
C・見なくてもいい凡作 (98)
D・見るとがっかり駄作 (53)
E・ある意味最高バカ作 (36)
未分類 (0)
愛とビールと川柳と
ゆうじろうのやっぱり映画好き
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
平八郎:ゼロ・グラビティ (02/05)
ヴィル:ゼロ・グラビティ (02/04)
でしまる:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/12)
平八郎:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/11)
でしまる:アイアンマン3 (12/05)
平八郎:アイアンマン3 (11/29)
でしまる:アイアンマン3 (10/23)
平八郎:アイアンマン3 (10/20)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。