アイ・アム・レジェンド


ウィル・スミス主演の本作。
リチャード・マシスンという作家の作品 『吸血鬼(地球最後の男)』 の映画化です。

激しいアクションシーンはあるものの、
それ以外の部分も丁寧に作られているというのが伝わってきます。
静と動のバランスが良くて、
全編を通して飽きさせないようになっているのが嬉しい。

完全なハッピーエンドとは行きませんでしたが、
こういう結末の方が作品としては良かったのでしょう。



この映画の一番の見どころ。



備蓄食のベーコンを食べられて 「とっておいたのに!」 と半べそで怒るウィル・スミス。
そりゃ、誰でも怒るわ。 関連記事リスト
2008年05月26日 | B・見ても損はない良作 | Comments(18)
目次 (10)
S・映画史に煌めく傑作 (149)
A・必ず見て欲しい名作 (201)
B・見ても損はない良作 (184)
C・見なくてもいい凡作 (98)
D・見るとがっかり駄作 (53)
E・ある意味最高バカ作 (36)
未分類 (0)
愛とビールと川柳と
ゆうじろうのやっぱり映画好き
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
平八郎:ゼロ・グラビティ (02/05)
ヴィル:ゼロ・グラビティ (02/04)
でしまる:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/12)
平八郎:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/11)
でしまる:アイアンマン3 (12/05)
平八郎:アイアンマン3 (11/29)
でしまる:アイアンマン3 (10/23)
平八郎:アイアンマン3 (10/20)