エイリアンVSヴァネッサ・パラディ


ヴァネッサ・パラディって誰だよと思う人は多いでしょうけど、
彼女は何とジョニー・デップの奥さん(未入籍・事実婚)です。
そんな彼女がエイリアンたちと戦うんですね。
バカじゃなかろうか。

とある田舎の村に来襲したエイリアンが村人たちを次々に殺害していく、パニック映画。
タイトルからするとヴァネッサ・パラディが勇敢に立ち向かうのかと思いきや、
立ち向かうのはヴァネッサの昔の彼氏でした。
何それ。

ちなみにこれがエイリアン。



ヴァネッサ・パラディがこのエイリアンとVSしちゃうのは最後の一回のみ。
一発バズーカ打ったのみ。



そんなこんなでエイリアンを倒して安堵したものの、
唐突にヴァネッサは空に吸い込まれてエイリアンに攫われてしまいます。
何故攫われたのか全く分かりません。
頭がおかしくなりそうだ。



無理矢理SFっぽくしているような気がしてならない適当なシーンです。
それを見た昔の彼氏は
壊れた材木をジャンプ台にしてバイクで空めがけて跳躍。



いや、届かないだろ……届いちゃったよ。
すいません、野暮なこと言って。

昔の彼氏が危険も顧みず追っていったその先は
ヴァネッサがいっぱいという訳が分からない世界でした。
んで、終幕。



なんじゃそら。
ストーリーの意味が分からなければ意図も分からないという
文句なしのバカ映画でした。

おまけ。思わず吹き出した面白シーン。





エイリアンに襲われて顔がめちゃくちゃになったのにとっても元気な村人。
普通に会話するのでシュールで吹いた。
ガソリンって。

しかも、この村人、
歌のコンテストがあってそれに参加しなきゃならんといって
こんな顔で皆の前に現れようとします。
それはいくらなんでもと、
ヴァネッサの昔の彼氏は買い物袋に穴を開けてマスクに仕立ててあげます。



さんきゅー。 関連記事リスト
2008年05月31日 | E・ある意味最高バカ作 | Comments(4)
目次 (10)
S・映画史に煌めく傑作 (148)
A・必ず見て欲しい名作 (201)
B・見ても損はない良作 (184)
C・見なくてもいい凡作 (98)
D・見るとがっかり駄作 (53)
E・ある意味最高バカ作 (36)
未分類 (0)
愛とビールと川柳と
ゆうじろうのやっぱり映画好き
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
平八郎:ゼロ・グラビティ (02/05)
ヴィル:ゼロ・グラビティ (02/04)
でしまる:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/12)
平八郎:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/11)
でしまる:アイアンマン3 (12/05)
平八郎:アイアンマン3 (11/29)
でしまる:アイアンマン3 (10/23)
平八郎:アイアンマン3 (10/20)