ライフ・イズ・ビューティフル


ナチスに捕まって強制収容所に送られてしまった、あるユダヤ人家族3人。
幼い息子を不安にさせまいとした父親は、
これはゲームであり、優勝者には本物の戦車がもらえると、嘘をつく。



主演のロベルト・ベニーニは
当作品の監督と脚本も担当しています。





見終わったまず思ったのは、
何て美しい嘘だろうということ。



劣悪な状況下で
気丈に道化を演じる父の愛情と
それを信じる幼い息子の純粋さ。



ラストも切なく、そして胸に温かいものがこみ上げてきます。
こんなに素敵な話はなかなかありませんよ。
傑作。 関連記事リスト
2008年10月09日 | S・映画史に煌めく傑作 | Comments(8)
目次 (10)
S・映画史に煌めく傑作 (149)
A・必ず見て欲しい名作 (201)
B・見ても損はない良作 (184)
C・見なくてもいい凡作 (98)
D・見るとがっかり駄作 (53)
E・ある意味最高バカ作 (36)
未分類 (0)
愛とビールと川柳と
ゆうじろうのやっぱり映画好き
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
平八郎:ゼロ・グラビティ (02/05)
ヴィル:ゼロ・グラビティ (02/04)
でしまる:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/12)
平八郎:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/11)
でしまる:アイアンマン3 (12/05)
平八郎:アイアンマン3 (11/29)
でしまる:アイアンマン3 (10/23)
平八郎:アイアンマン3 (10/20)