スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | Comments(-)
  ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還


シリーズ3部作完結編。
長かった旅もようやくこれにて終わり。





前2作で遺憾なく見せつけてくれた
卓越かつ緻密な描写力と映像美は今回も健在。



溜息が出るほどの完成度です。





DVDの完全版エクステンデッド・エディションを見たのですが、
総時間250分というはしゃぎっぷり。
ただ、前2作を完全版で見た人なら最後も完全版で見るべき。
ラストできっと
通常の映画では有り得ないような圧倒的な満足感を味わえるはすですから。
一大叙事詩と評して差し支えないでしょう。



大勢の役者やスタッフが
それぞれの持てる力の全てを出し切って創り上げた世界。
そんな世界を
晴れやかな心で後にすることができました。





それはそうと
主役のフロドは最後はものすごく格好悪かった。
思いっきり指輪に魅入られてしまうわ、
指輪が消滅したのも彼の意思ではなく偶然だったわで、
いいところがまるでない。

そんなヘタレなフロドとは対照的に
従者の役割を担っていたサムの頼もしいこと頼もしいこと。
サムがいなければ
途中でフロドが何遍死んだか分かりません。
彼こそ影の主役であると言っても過言ではない。



魔法使いのガンダルフも滅法格好良い。
馬に跨って颯爽と敵陣に切り込む。
化け物たちを華麗な剣さばきで次々になぎ倒す。
頼りになるお爺ちゃん。



魔法使えよ。

何か映画を見ようと思ったなら
これを候補として挙げて損はありません。
3作合計だと長いので、
お正月などの長期休暇で見るにうってつけでしょう。







断言しよう。これが傑作。
スポンサーサイト
関連記事リスト
2008年12月23日 | S・映画史に煌めく傑作 | Comments(16)
目次 (10)
S・映画史に煌めく傑作 (148)
A・必ず見て欲しい名作 (201)
B・見ても損はない良作 (183)
C・見なくてもいい凡作 (98)
D・見るとがっかり駄作 (53)
E・ある意味最高バカ作 (36)
未分類 (0)
愛とビールと川柳と
ゆうじろうのやっぱり映画好き
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
平八郎:ゼロ・グラビティ (02/05)
ヴィル:ゼロ・グラビティ (02/04)
でしまる:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/12)
平八郎:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/11)
でしまる:アイアンマン3 (12/05)
平八郎:アイアンマン3 (11/29)
でしまる:アイアンマン3 (10/23)
平八郎:アイアンマン3 (10/20)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。