ホーム・アローン2


またまた置いてきぼりを食った子供のお話。





今回もダイ・ハード並みにしぶとい奴らが登場。
因縁の対決が再び。



相変わらずいいコンビだなぁ、この二人。







前作ほどの衝撃はない気がするが、
それでもコメディとしては充分佳作の域に達していますよ。



クリスマスシーズンに見よう!
スポンサーサイト



関連記事リスト
2009年03月31日 | B・見ても損はない良作 | Comments(2)
  ポリス・ストーリー3


ポリス・ストーリーシリーズ第3弾。



やばい。
全然印象に残らない。



ジャッキー映画としての安定感はあるが、
安定感しかないという現実。



印象に残らなかったので
もう書くこともこれ以上ありません。
えっと、そもそもこれってどんな話だったっけ。 関連記事リスト
2009年03月29日 | D・見るとがっかり駄作 | Comments(0)
  ザ・マジックアワー


他では実現しないような豪華キャストの共演。
三谷幸喜監督作品。





前作の有頂天ホテルは
キャストが多すぎて収拾がついていないような印象でしたが、
今回はそれがなくて一安心。





思う存分著名俳優陣の共演を楽しむことができます。





これぞ三谷幸喜節と言える面白さも各所に散りばめられて、
観る者を飽きさせない極上コメディ。







こういう演技の上手い人たちがいれば邦画の未来も明るいなと
そう思える作品に仕上がっています。
楽しいよ。 関連記事リスト
2009年03月28日 | A・必ず見て欲しい名作 | Comments(2)
  スピード・レーサー


マッハGoGoGoを原作とした映画。
マトリックスシリーズのウォシャウスキー兄弟が監督を務めています。



この題材とこの監督ならたぶん面白いだろうと思いましたが、
やっぱり面白かった。



ただし、難点は2つ。



色が鮮やか過ぎて目が疲れる。
綺麗なんだけど、長く見ているとちょっと辛いわ。



でも、まぁ、それは良いんだよ。
それよりも我慢ならんのは。



主役の声を当てている声優の下手糞さ。



誰だよこいつとネットで調べてみたところ。



KAT-TUNの赤西仁でした。
こういう映画に対する愛情の欠片もない商業判断って
本当に勘弁して欲しいんだけどなぁ。

いいんですよ、上手ければアイドルだって。
映画の雰囲気を壊さない程度の演技力があれば。
現にヒロインの声は上戸彩だけれど
彼女の演技は許容範囲内。
確かに少々他の役者陣に比べれば見劣りはしましたが。

でも、映画ぶちこわしの大根役者じゃ腹も立ちますわ。
赤西仁が声を当ててなければ最高評価だったかもしれないだけに
至極残念。



真田広之もちょい役で出てます。
出る必要性は感じませんでした。 関連記事リスト
2009年03月27日 | A・必ず見て欲しい名作 | Comments(2)
  アルマゲドン


この映画を傑作と呼ばずして何と呼ぶ。
文句のつけようもありません。



個人的に
これまで見た映画の中で疑いもなく1位です。



この作品では全員が主役。





サブキャスト陣も主役に劣らぬ存在感。



目を離していい場所なんて一瞬たりともないぞ。





仮に映画の評価で100点満点というものがあるならば
この作品にこそ相応しい。





何度見ても飽きない。
何度見ても涙なくしては見られない。







ストーリーを知っているのに、見るたびに感動してしまう。
真に良い映画は何度見ても良いのだと思います。





見たことない人は少ないでしょうが、
見てない人は見るべし。
見た人も再度見るべし。 関連記事リスト
2009年03月26日 | S・映画史に煌めく傑作 | Comments(8)
  ワイルドシングス2


エロティックサスペンス第2弾。



どんでん返しが多すぎて食傷した前作でしたが、
今回はどうなってることやら。
結果。



何も学習してませんでした。
と言うか、前回とストーリー展開がそっくり。
何も変わってない。
またまたどんでん返しの大盛り
胸焼けした。
もう展開が読めちゃうね。



ここまでつまらんと
エロでさえどうでもよくなる不思議。
終始、生暖かい眼差しで見ることができました。
何か悟った気がする。 関連記事リスト
2009年03月25日 | D・見るとがっかり駄作 | Comments(0)
  パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト


いい加減な海賊が海を舞台に大騒ぎする話。
主演、ジョニー・デップ。



前回よりも面白要素が多くなり、
観る者を楽しませようという作り手の心意気が窺えます。



吹き替えで見た方が
テンポが損なわれなくて良いと思います。



アクション面もコミカルながらしっかりとしており、
こちらも決して飽きさせません。



ただ、続き物の中盤という位置づけのため
今作を単体として考えると、手放しでは誉められないかも。



次作への引きは
漫画的な心躍る演出ですよ。
こういう終わり方をされると次も見ようという気になります。 関連記事リスト
2009年03月24日 | A・必ず見て欲しい名作 | Comments(2)
  フラッシュダンス


ダンスをテーマにした有名青春映画。
タイトルは誰でも知っているんじゃないかしら。



有名だからさぞ面白かろうと大いに期待していましたが、
そんなに面白くありませんでした。



ラストにある有名なダンスシーン。
確かに目を奪われるけど、
今見るとそれほど衝撃的には映らないんだよなぁ。



これが時代というものか……。



悪い点はないけれど、
素晴らしいところがそんなにないので
全体的には普通というのが個人的な評価です。 関連記事リスト
2009年03月23日 | C・見なくてもいい凡作 | Comments(0)
  ハリー・ポッターと炎のゴブレット


ハリポタが炎のゴブレットでてんやわんやする話。







前作『アズカバンの囚人』はかなり厳しかったですけれど、
これはファンタジー映画として充分楽しめました。
が、過去のシリーズ作品に触れていないと分からない部分が多々あり。
実際に私は多々分かりませんでした。





見るんなら、
過去作もきちんと抑えておいた方が良いね。





ただ、シリーズ過去作を殆ど知らなくても充分に楽しめましたが、
原作にも手を伸ばそうという気にはならなかった。
これは個人的なものでしょうけれど。



原作云々を抜きにして考えれば
文句なく名作ファンタジー映画だと思います。 関連記事リスト
2009年03月22日 | A・必ず見て欲しい名作 | Comments(0)
  007 ゴールデンアイ


ピアース・ブロスナン演じるボンドの第1作。



ピアース・ブロスナンのボンドはコメディ要素も満載です。
格好良いというより
エレガントなアクションという表現が適切かしら。





ヒロインとすぐに良い雰囲気になっちゃうのも相変わらず。
この点も実にエレガント。





戦車で街中を滅茶苦茶にしながら敵を追う様もエレガント。
クールな顔で破壊の限りを尽くします。



正直ちょっとやりすぎだと思った。 関連記事リスト
2009年03月21日 | B・見ても損はない良作 | Comments(0)
  博士の愛した数式


脳の障害で記憶が80分しか持たない元数学者と
彼の元にきた家政婦とその子供の触れ合いを描いた作品。





穏やかな空気の流れる映画で、
所々に数学のネタを絡めながら話が進んでいきます。
数学苦手な人、涙目。



まぁ、難しい話ではないので、
そうなのかとトリビア感覚で見れば充分かと。





あと深津絵里はすごく良いと思います。



へぇ~ボタンを用意して見よう! 関連記事リスト
2009年03月20日 | B・見ても損はない良作 | Comments(2)
  イレイザーヘッド


デヴィッド・リンチによって製作された伝説的なカルト映画。



何故カルト映画かと言うと、
ストーリーの意味が全く分からないから。



全編白黒で奇妙な登場人物たちによる奇怪な言動行動。



とにかく不気味で
見ていて不安になるような作品です。



眠った時に見る支離滅裂な夢のようなと称すれば
どんな映画か想像しやすいかな。



ラストも夢が終わるようにぷつりと途切れるし、
どこを取っても不思議。
もちろん理解もできません。



有名な作品であるので話のネタとして見る価値はあるけれど、
全然面白くないよ。 関連記事リスト
2009年03月19日 | D・見るとがっかり駄作 | Comments(0)
  13デイズ


キューバ危機の13日間を描いた作品。



主演のケビン・コスナーは大統領特別補佐官役。
主役なのに大統領ではありません。



が、大統領のケネディ役がとても合っているように思えたので
補佐官役で正解。



史実を元にしていた作品だけあって
重厚感は文句なしです。
まるで自分もその場にいるような緊迫感は見事。



ただ、テレビだと30分近くカットされているため
ちと駆け足の印象。



見るんなら
ノーカットのDVD版でしょうね。 関連記事リスト
2009年03月18日 | S・映画史に煌めく傑作 | Comments(0)
  ポリスアカデミー4 市民パトロール


シリーズ第4弾。



相変わらず面白いんだが、
ちょっと停滞気味になってきたのも事実かな。



校長の飄々としたキャラクターは好きだ。





今回は有名になる前のシャロン・ストーンが出演。
これまでよりも華やかさがアップ。





主役のスティーヴ・グッテンバーグ
このシリーズを今作で降板している点もポイント。
そういう意味でも
ポリアカが好きな人は要チェックです。 関連記事リスト
2009年03月17日 | E・ある意味最高バカ作 | Comments(0)
  遠き落日


野口英世の生涯を描いた作品。



野口英世役に三上博史、その母親を三田佳子。



これは私が子供の頃に映画館で見た作品で、
ものすごく感動した思い出の一作。



それから十年以上経って大人になった今改めて見てみましたが
やっぱり心に響きます。



名作というのはやはりいつまでも色褪せないもの。



野口英世が有名になった後、
里帰りして母親と再会するシーンは
何度見ても泣ける。





こんなに切ないシーンはなかなかありません。



和田アキ子の主題歌も作品にとても合っていて
より一層涙を誘います。
機会があったら是非見てほしいですね。 関連記事リスト
2009年03月15日 | S・映画史に煌めく傑作 | Comments(0)
  ツイスター


竜巻映画。



竜巻を観測すべく奮闘するチームを描いた作品。
自ら接近するので同情は全くできません。



今見ると意外にも派手さはなかったり。
かと言って、当時見ればあったのかどうかも分からない。



こんな陳腐な言い方は嫌ですが、
見どころは竜巻。
竜巻の他に特に見るものがないとも言うね。





竜巻に果敢に挑む映画部門で五本の指に入るでしょう。
他の四本、全く思いつかないけど。 関連記事リスト
2009年03月14日 | C・見なくてもいい凡作 | Comments(0)
  バッドボーイズ


ウィル・スミスとあまり有名じゃない人共演の刑事もの。



この人、このシリーズでしか見たことがないや。
他に何に出ているんだろうと思ってネットで調べてみたら
他の作品を全く知りませんでした。



この人が気になって
ウィル・スミスすら霞んでしまう。



当時は将来を嘱望されていた俳優だったのだろうか。



どうでもいいけど
この人、ナインティ・ナインの岡村さんに似てるな。



主役の話ばかりですが、肝心のストーリーはまぁまぁ。
大体想像がつくありきたりの話ではあるものの
ありきたりなので大ハズレすることもなく、そこそこ楽しめます。 関連記事リスト
2009年03月11日 | B・見ても損はない良作 | Comments(6)
  6デイズ・7ナイツ


無人島に墜落しちゃった男女が
喧嘩しながらもいい感じになっちゃったりする映画。



主演ハリソン・フォード。



アクションもありますけれども
これはコメディと捉えた方がいいかも。



娯楽作品として申し分のない出来だと思います。
まぁ、映画館で見る必要は全くないね。
テレビでやっていて未見なら見ておくべきという位置づけ。





崖から飛び降りるシーンは妙に印象に残ります。
崖から飛び降りる映画部門で上位3位以内には入ると思うよ。



開放的な気分になりたくなったら、これ。 関連記事リスト
2009年03月09日 | A・必ず見て欲しい名作 | Comments(0)
  チャーリー・ウィルソンズ・ウォー


ソ連の侵攻を受けるアフガン支援に尽力した
実在のアメリカ下院議員チャールズ・ウィルソンの姿を描くノンフィクション。





戦争を題材にしてはいますけれど
水面下での駆け引きがメインなので派手さはありません。
が、シリアスな中にも面白要素を盛り込み、
観ていて退屈はしません。



テンポ良く進むので一気に駆け抜けるような感じ。



駆け抜けすぎて、ちと端折り過ぎの印象も。



でも、まぁ、
テーマが戦争ながらも娯楽作品という非常に珍しい映画で
文句なしに楽しめますよ。 関連記事リスト
2009年03月07日 | B・見ても損はない良作 | Comments(0)
  イノセンス


攻殻機動隊の続編。
話の難解度は相変わらず高い。





この作品の最大の特徴を挙げるとするなら
それはアニメーションの緻密さという一言に尽きるでしょう。



映像の隅々まで目を走らせて楽しめる作品なんて
なかなかありません。



アニメーションの形で作り上げられる作品としての到達点。





こういう作品こそ
日本が世界に誇るものだと思います。 関連記事リスト
2009年03月05日 | S・映画史に煌めく傑作 | Comments(2)
  ドラゴン・キングダム


西遊記をモチーフにしたカンフーアクション。



ついに、ジャッキー・チェンとジェット・リーが共演。
見どころと言ったら当然そこ。





ゆったりと楽しめる娯楽作品です。





何度も言うが、ジャッキーとジェット・リーが共演しているぞ。
同じ画面の中に入っているぞ。戦うぞ。
鳥肌もんだわ。





このシチュエーションを何とも思わない人とか
もう意味が分からない。



分かる奴だけ分かればいいさ。 関連記事リスト
2009年03月03日 | B・見ても損はない良作 | Comments(2)
  ポリスアカデミー3 全員再訓練


お馴染みメンバーで送る、おバカコメディ第3弾。



母校ポリスアカデミーの廃校を阻止すべく
いつもの面々がOBとして後輩たちを指導していくという話。



前作の敵役兼お笑い担当マウザーは今回も続投。



新しく登場するアカデミーの学生たちはちとキャラが弱いかな。
既存の人たちが濃すぎるから、どうしても霞む。



今回もバカなノリは健在で安心です。



これだけキャラクターが入り乱れていても
笑いという要素できっちり一つにまとまっています。
オススメ。 関連記事リスト
2009年03月01日 | E・ある意味最高バカ作 | Comments(0)
目次 (10)
S・映画史に煌めく傑作 (151)
A・必ず見て欲しい名作 (201)
B・見ても損はない良作 (184)
C・見なくてもいい凡作 (98)
D・見るとがっかり駄作 (53)
E・ある意味最高バカ作 (36)
未分類 (0)
愛とビールと川柳と
ゆうじろうのやっぱり映画好き
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
平八郎:ゼロ・グラビティ (02/05)
ヴィル:ゼロ・グラビティ (02/04)
でしまる:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/12)
平八郎:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/11)
でしまる:アイアンマン3 (12/05)
平八郎:アイアンマン3 (11/29)
でしまる:アイアンマン3 (10/23)
平八郎:アイアンマン3 (10/20)