ワン・ミス・コール


自分の携帯電話に自分の断末魔の悲鳴が着信してドッキリ。
という映画。
日本の名作ホラーのリメイク。



映画広告の写真を飾っていた悪霊が薄気味悪くて
劇場公開当時から見たいと思っていました。
薄気味悪いから見たかった。
この気持ち、なかなか分かるまい。



開始早々ダンディな悪霊登場。
まさかのダンディ。



宣伝広告にいた悪霊も序盤からもったいぶらずに登場。
攻めるねぇ!

が、それ以降は全く登場しませんでした。
おまえらは友情出演か。

全く怖くなかったので駄作認定。
ハリウッドはもう日本の映画をリメイクしなくていい。



あと、デーブ・スペクターも出演します。
登場時間は悪霊たちと同じくらいでした。 関連記事リスト
2009年10月27日 | D・見るとがっかり駄作 | Comments(4)
  父親たちの星条旗


クリント・イーストウッドが監督を務めた、硫黄島の戦いをテーマとした映画。
日本からの視点で描いた『硫黄島からの手紙』と対を成す作品。



両方の映画を見ると、
日本とアメリカそれぞれに苦悩があって
戦争は単純なものではないなということがよく分かります。





興味があるんだったら、絶対に両方の映画を見るべき。



大抵の戦争映画ってどちらか一方だけ視点で描かれるので、
どうしても善と悪という対立構造で描かれがち。



そういう意味で
この二つの作品は非常に革新的ですよ。 関連記事リスト
2009年10月24日 | B・見ても損はない良作 | Comments(4)
  ぼくたちと駐在さんの700日戦争


田舎を舞台とした、高校生と駐在のイタズラ合戦。





原作はブログのエッセイで
フィクションとノンフィクションを交ぜたお話だとか。





バカバカしい笑いとほのぼのとした雰囲気で
郷愁を感じさせてくれます。



こういう高校生活もいいなぁと思う。 関連記事リスト
2009年10月19日 | B・見ても損はない良作 | Comments(6)
  ナイトミュージアム


夜になると展示物が動き出す博物館の警備員が
展示物たちとわいわい仲良くやる話。



親子で見られる娯楽映画として文句のない完成度です。







コメディ要素が多くて笑える。手に汗握る場面もある。
バランスが良いね。







考えさせられるような部分は全くないけれど
何も考えずに見られるというのもまた大切ではなかろうか。 関連記事リスト
2009年10月16日 | A・必ず見て欲しい名作 | Comments(10)
  トランスポーター


ヤバいもん運ぶ人がヤバい人に目をつけられてヤバくなる話。



ジェイソン・ステイサムが格好良い。
危機的状況の中でも優雅さを忘れない色男。





主人公が運び屋なので
当然ながらカーチェイスの場面はかなり多いです。



が、ガチバトルもたっぷりあるので
拳と拳がぶつかりあうのが大好きな人も安心。

見どころ。



オイルまみれのつるつるバトル。
ローションじゃなくてエンジンオイルだけど。
つるっつる。 関連記事リスト
2009年10月13日 | A・必ず見て欲しい名作 | Comments(2)
  アイアンマン


ヒーローのアーマースーツをができるまでに密着した映画。





このスーツは自作です。
頑張りました。





敵もスーツを自作してきます。
今流行りのDIY対決。
これ俺が作ったんだぜ何のこっちも俺が的な自慢合戦。



冗談はさて置き、
面白おかしく見られるヒーローものということで
最初から最後まで存分に楽しめました。

おまけ。
アイアンマンの変遷。



初代。
テロリストに捕まり、監禁場所であり合わせの材料で作成。



二代目。
まだオシャレに疎かった頃のアイアンマン。 関連記事リスト
2009年10月09日 | S・映画史に煌めく傑作 | Comments(8)
  ホワイトアウト


雪山のダムを舞台にテロリストとの戦いを描く邦画サスペンス。





途中までまぁまぁの佳作じゃないかと思っていたのですが、
後半でびっくり。
そういう真相だったのかと驚いて評価アップ。



原作がミステリー小説だということを忘れていました。



雪山でのシーンも
悪天候の中で手を抜かずに演じているというのが分かります。



舞台は湾岸署じゃないけど、こちらもオススメ。 関連記事リスト
2009年10月06日 | B・見ても損はない良作 | Comments(0)
  魔女の宅急便


魔女の宅急便の話。
言わずと知れたスタジオジブリの作品。



個人的にジブリ作品で一番好き。



話も変に凝っていなくて分かりやすく、
小さい頃に何度も見て思い出に残っているため。
思い出補正というやつ。



大人も子供も関係なく楽しめるというのは
簡単なようでなかなか難しい。



心が温かくなるような人情話は鉄板ネタですね。



ジブリには今一度こういうスリムな作品をつくってほしい。
最近のは複雑すぎるきらいがあるから。 関連記事リスト
2009年10月03日 | S・映画史に煌めく傑作 | Comments(12)
目次 (10)
S・映画史に煌めく傑作 (149)
A・必ず見て欲しい名作 (201)
B・見ても損はない良作 (184)
C・見なくてもいい凡作 (98)
D・見るとがっかり駄作 (53)
E・ある意味最高バカ作 (36)
未分類 (0)
愛とビールと川柳と
ゆうじろうのやっぱり映画好き
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
平八郎:ゼロ・グラビティ (02/05)
ヴィル:ゼロ・グラビティ (02/04)
でしまる:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/12)
平八郎:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/11)
でしまる:アイアンマン3 (12/05)
平八郎:アイアンマン3 (11/29)
でしまる:アイアンマン3 (10/23)
平八郎:アイアンマン3 (10/20)