チェンジリング


実際の事件を元にしたサスペンス映画。
主演アンジェリーナ・ジョリー。
監督クリント・イーストウッド。





行方不明になった子供が数ヶ月の後ついに無事発見されたと思いきや、
会ってみると似ても似つかぬ見知らぬ子供。
が、警察には、あなたの子供で間違いないと断言されてしまう。





精神異常として扱われた母親は
腐敗した警察組織と闘いながらたった独り子供探しに奔走する。



アクションのイメージが強いアンジーですが、
この作品では
子供を一途に想う母親の静かな強さを見事に表現。
見入ってしまうこと、請け合い。



結末がどうなるか是非自分の目で確かめてみてください。 関連記事リスト
2010年04月27日 | S・映画史に煌めく傑作 | Comments(8)
  逃亡者


妻の殺害容疑をかけられた医者が
警察から逃げつつ真犯人を追いかけていく話。



逃げる役の演技に関しては右に出る者のいない俳優ハリソン・フォードが主演。



今作でも華麗なエスケープ。



執拗に追いかける刑事役はトミー・リー・ジョーンズ。
でも、今回は宇宙人じゃないから安心。
何とか逃げられそうな気がする。





著名な作品だけあって、見ても損はありません。
近々警察から逃亡する予定の方には、とても参考になるはず。 関連記事リスト
2010年04月24日 | B・見ても損はない良作 | Comments(6)
  ウォッチメン


ヒーローたちが苦しんだり苦しんだり苦しんだり





ヒーローものということで派手なアクションを期待しがちですが、
この作品、本当に地味。





正直中盤過ぎるまでに退屈で投げ出す人が多いと思う。
でも、後半になってくると通好みの展開に。



ヒーローたちの人間ドラマとしては充分に佳作。
ただ、アクションシーンは絶対的に少ないので、
あらかじめそういう作品だと納得しておかないと厳しいかも。 関連記事リスト
2010年04月21日 | C・見なくてもいい凡作 | Comments(4)
  ホステージ


富豪の邸宅に強盗が入って警察が包囲しちゃったため、
その家に自分たちの機密資料がある犯罪組織が大慌てする話。
しかも、その邸宅のセキュリティが超強固で侵入ままならず。
自分たちじゃどうしようもないので、
警察官の家族を人質にして機密資料取ってこいと命令。



警察官のブルース、いい迷惑。



邸宅内に閉じ込められている富豪の息子と電話で通信しながら
事件解決と機密資料の奪取を狙います。





軽い気持ちで強盗に入った若者3人組は涙目。



犯罪組織たちも冷静を装いつつ
たぶん覆面の下では冷や汗ダラダラだったと思うよ。 関連記事リスト
2010年04月18日 | B・見ても損はない良作 | Comments(0)
  機動戦士Zガンダム2 恋人たち


リメイク劇場版Zガンダム3部作の2つ目。



今回も新旧カットのハイブリッドだよ。
継ぎ接ぎだらけのいびつな感じは拭えません。







恋人たち、という副題からも分かるように、
今作では男女の恋愛がメインテーマとなっております。





そんなわけで頻繁にキスしまくり。
恋人じゃなくってもキスしまくり。





そんな作品の最大の見どころ。







何これ。 関連記事リスト
2010年04月15日 | C・見なくてもいい凡作 | Comments(18)
  起動戦士Zガンダム 星を継ぐ者


起動戦士Zガンダムの劇場版リメイク3部作の1作目。



TVアニメは見たことありませんが、
スパロボなんかのゲームをやったことがあるおかげで
ある程度の知識はあります。





DVDパッケージの裏には書き下ろし新作カットしか載っていなかったので
てっきり全編リニューアルかと思っていたのですが、
古い絵と新しい絵のブレンド。
なんてこったい。





なまじ新旧の絵のイメージが大幅に異なるため、
混在しているとどうしても違和感を覚えてしまいます。
昔の絵はやっぱり古臭い。
手間なのは分かるけれど全カット書き直した方が良かったと思う。



ストーリーは純粋に楽しめました。
ゲームでしか話の筋を把握していない私には新鮮です。
TV版を見たことがある人ではまた感想が違うのでしょうけれど、
劇場版単体で考えるとなかなかの完成度ではないかと。



ただ、昔の絵を使いまわしているので
あまり高い評価はつけません。
ちなみに、ここに掲載した画像は全て書き下ろし新作カットです。 関連記事リスト
2010年04月11日 | C・見なくてもいい凡作 | Comments(8)
  マンマ・ミーア!


ABBAの曲をベースにしたミュージカル映画。







ミュージカルだけど歌の場面は3割程度かしら。
普通の映画のような感覚で見られます。



何となく分かると思いますが、
最初っから最後まで超ハイテンション。



底抜けに明るい気持ちになりたい時に是非。
イヤでも楽しくなるから。 関連記事リスト
2010年04月09日 | A・必ず見て欲しい名作 | Comments(10)
  アナコンダ


大きな蛇に襲われてドッキリ!な映画。



こちら、アマゾン在住のアナコンダさん。







デカい蛇だから捕まえて大もうけしようぜと欲目を出した奴らが
次々とアナコンダの餌に。
これぞ王道の死亡フラグ。



話の展開自体は結構良いんだけど、
如何せん、昔の映画だからいまいち迫力に欠けました。 関連記事リスト
2010年04月05日 | C・見なくてもいい凡作 | Comments(8)
  007 トゥモロー・ネバー・ダイ


明日が死ぬことはないぜ!って感じの映画。



ボンド役はピアース・ブロスナン。
この人のボンド作品は安定感があってホッとするね。



ボンドガールはいまいち。個人的にね。
でも、この人は映画で良く見る。





敵役が誰だとか、正直そんなことどうてもいい。
誰でもいい。
どうせ最後はボンドの餌食になるのだから。
こう書くとまるでボンドが悪者のよう。



ピアース・ブロスナン演じる007は今回もやっぱり手堅いつくりで、
申し分のないストーリーと演出です。
とっても明日が死ぬことはないぜ!って感じでした。 関連記事リスト
2010年04月01日 | S・映画史に煌めく傑作 | Comments(8)
目次 (10)
S・映画史に煌めく傑作 (150)
A・必ず見て欲しい名作 (201)
B・見ても損はない良作 (184)
C・見なくてもいい凡作 (98)
D・見るとがっかり駄作 (53)
E・ある意味最高バカ作 (36)
未分類 (0)
愛とビールと川柳と
ゆうじろうのやっぱり映画好き
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
平八郎:ゼロ・グラビティ (02/05)
ヴィル:ゼロ・グラビティ (02/04)
でしまる:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/12)
平八郎:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/11)
でしまる:アイアンマン3 (12/05)
平八郎:アイアンマン3 (11/29)
でしまる:アイアンマン3 (10/23)
平八郎:アイアンマン3 (10/20)