007 トゥモロー・ネバー・ダイ


明日が死ぬことはないぜ!って感じの映画。



ボンド役はピアース・ブロスナン。
この人のボンド作品は安定感があってホッとするね。



ボンドガールはいまいち。個人的にね。
でも、この人は映画で良く見る。





敵役が誰だとか、正直そんなことどうてもいい。
誰でもいい。
どうせ最後はボンドの餌食になるのだから。
こう書くとまるでボンドが悪者のよう。



ピアース・ブロスナン演じる007は今回もやっぱり手堅いつくりで、
申し分のないストーリーと演出です。
とっても明日が死ぬことはないぜ!って感じでした。 関連記事リスト
2010年04月01日 | S・映画史に煌めく傑作 | Comments(8)
目次 (10)
S・映画史に煌めく傑作 (150)
A・必ず見て欲しい名作 (201)
B・見ても損はない良作 (184)
C・見なくてもいい凡作 (98)
D・見るとがっかり駄作 (53)
E・ある意味最高バカ作 (36)
未分類 (0)
愛とビールと川柳と
ゆうじろうのやっぱり映画好き
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
平八郎:ゼロ・グラビティ (02/05)
ヴィル:ゼロ・グラビティ (02/04)
でしまる:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/12)
平八郎:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/11)
でしまる:アイアンマン3 (12/05)
平八郎:アイアンマン3 (11/29)
でしまる:アイアンマン3 (10/23)
平八郎:アイアンマン3 (10/20)