スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | Comments(-)
  ナショナル・トレジャー2 リンカーン暗殺者の日記


ニコラス・ケイジ主演の冒険映画。







自分の先祖がリンカーン暗殺に関わっていたとか言われて
いやいやいやちょっと何言ってんのよとなる映画。







じゃあ、みんなでちょっくら汚名を晴らしにいきますかと冒険に出発。
汚名を晴らすためには犯罪まがいのことも厭いません。
本末転倒っぽい感じ。







冒険映画で押さえるべきポイントはきちんと押さえているので、
期待を裏切らない出来になっていると思います。
スポンサーサイト
関連記事リスト
2011年01月29日 | B・見ても損はない良作 | Comments(0)
  サマーウォーズ


地球の危機に立ち向かう、とある一族のひと夏の物語。





この作品のテーマは家族の絆
子供だけで見るのもいい。
大人だけで見るのもいい。
でも、きっと親子や家族で見るのが一番いい。





家族っていいなぁと思えるはず。
そんな映画。





アニメーションだからコミカルだし、
線のはっきりとした絵だから見ていて楽しい。



毎年夏の定番TV放送映画になりそうな予感。 関連記事リスト
2011年01月22日 | B・見ても損はない良作 | Comments(6)
  容疑者 室井慎次


踊るシリーズスピンオフ第2弾。
今度は人気キャラクター室井慎次が主役です。





今回は犯罪だけではなく警察内部の闘争をメインとした話。





シリーズ御馴染みの人たちも登場。
最初の頃は敵役のポジションでしたけれど、
今回は室井を支援してくれる立場。
こういうのを見られるだけでもシリーズファンには嬉しい。





新キャラも良い味出してる。



相変わらずのキャラも良い味出してる。





第1弾の『交渉人 真下正義』もそうでしたが、
スピンオフということで少々展開や結末などが特殊です。
これを異色と取るか新鮮だと取るか。
そこで評価が分かれそう。 関連記事リスト
2011年01月15日 | A・必ず見て欲しい名作 | Comments(0)
  交渉人 真下正義


踊るシリーズスピンオフ第1弾。
真下正義を主役に据えたサスペンス調の物語です。





本編シリーズに興味のない人が見て楽しめるかどうかは分かりません。
ただ、サスペンスとしての完成度は高い。
主役の真下が交渉人なので
手に汗握る心理的な駆け引きも見ものです。





踊るシリーズが好きなら見て損はありません。





しかしながら、ラストは賛否両論あると思う。
すっきりとした終わりが好みの人には消化不良の結末です。
それを踏まえた上でもオススメしたい。 関連記事リスト
2011年01月10日 | S・映画史に煌めく傑作 | Comments(0)
目次 (10)
S・映画史に煌めく傑作 (150)
A・必ず見て欲しい名作 (201)
B・見ても損はない良作 (184)
C・見なくてもいい凡作 (98)
D・見るとがっかり駄作 (53)
E・ある意味最高バカ作 (36)
未分類 (0)
愛とビールと川柳と
ゆうじろうのやっぱり映画好き
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
平八郎:ゼロ・グラビティ (02/05)
ヴィル:ゼロ・グラビティ (02/04)
でしまる:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/12)
平八郎:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/11)
でしまる:アイアンマン3 (12/05)
平八郎:アイアンマン3 (11/29)
でしまる:アイアンマン3 (10/23)
平八郎:アイアンマン3 (10/20)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。