バイオハザード4 アフターライフ


大人気ゾンビアクション映画のシリーズ第4弾。
でも、今回はそんなにゾンビを前面に押しているわけではないので
正直ゾンビ映画という印象は薄い。

主演はもちろんミラ・ジョヴォヴィッチ。
相変わらずお美しい……。



クレアも、お美しい……。



クリス役はプリズンをブレイクする人です。
今作でも彼は、プリズンをブレイクします。





ウェスカーもお美しい……。
この威風堂々たる様を見よ。



一応ゾンビ映画なのでゾンビも登場します。



でも、完全に端役。
学芸会だったらやる気のない奴らがやる役。







今作ではわりとストーリー重視で
アクションは二の次という印象を受けました。
それでも充分面白かったんだけど、
バイオはもっと派手でこそ、という気はする。





中島美嘉もちょい役で登場。
が、中島美嘉である必要性は皆無。
日本公開を見据えての単なる話題づくりでしょうね。
言葉は悪いけど。



ゾンビ犬ことゾンビーヌもちょっとだけ登場。



ゾンビーヌ「私は動物愛護に強い関心を持っています!」 関連記事リスト
2012年11月24日 | A・必ず見て欲しい名作 | Comments(0)
  ソルト


塩。



主演はアンジェリーナ・ジョリー。
彼女が演じる主役の名前がソルト。
だから、タイトルがソルト。
単にそれだけ。
焼き鳥はやっぱり塩よね!とかいう塩好きキャラではありません。







アメリカのCIAエージェントがロシアスパイの容疑をかけられる話。
でも、本当にロシアスパイでした。
なんてこったい。





でも、ロシアスパイだということは中盤で分かるため、
この映画の核はそこじゃない。





CIAに追われながらの、自分が所属しているロシア組織への復讐劇。
アクションは正直そこそこですが、
格好良くて強い女性が戦う姿を見ているだけで充分楽しい。





続編を想定したラストなので、続きに大いに期待。 関連記事リスト
2012年11月17日 | B・見ても損はない良作 | Comments(0)
  セブン


頭のイっちゃった犯人が起こす連続猟奇殺人を描いた、サイコサスペンス。
主演はブラッド・ピットとモーガン・フリーマン。







まず、犯行動機が難解。
いや、理解はできるんだけど、理解したところで「へぇ……」という感じ







それぞれの犯行もなかなかショッキング。
グロいわけじゃないが、そこそこエグい。





そして、この映画は何と言っても結末がキモ。
後味が超絶に悪い。
心して見よ。



ブラピが一人で散々な目に遭うよ。
何でこんなことに……。 関連記事リスト
2012年11月10日 | B・見ても損はない良作 | Comments(0)
  ヴァン・ヘルシング


ドラキュラとモンスターが戦う話。
主演はお洒落モミアゲの雄ヒュー・ジャックマン。
でも、今作の彼のモミアゲは普通。







ストーリー設定からも分かるように、ジャンルはアクションです。
映像もしっかりしているし、スピード感もそれなり。
全体的に手堅い作り。







が、いまいちパンチに欠けるのも事実。
これなら同じヒュー・ジャックマン主演のXメンシリーズの方が良い。
超人や人外が戦う似通った設定のため
どうしてもXメンシリーズの下位互換という印象が拭えず。





コミカルな部分もあって、大人も子供も楽しめそうだけど。
見たほうが良いかと言われると、悩む。





最大の敗因はヒュー・ジャックマンのモミアゲが普通だったこと。 関連記事リスト
2012年11月03日 | C・見なくてもいい凡作 | Comments(0)
目次 (10)
S・映画史に煌めく傑作 (150)
A・必ず見て欲しい名作 (201)
B・見ても損はない良作 (184)
C・見なくてもいい凡作 (98)
D・見るとがっかり駄作 (53)
E・ある意味最高バカ作 (36)
未分類 (0)
愛とビールと川柳と
ゆうじろうのやっぱり映画好き
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
平八郎:ゼロ・グラビティ (02/05)
ヴィル:ゼロ・グラビティ (02/04)
でしまる:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/12)
平八郎:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/11)
でしまる:アイアンマン3 (12/05)
平八郎:アイアンマン3 (11/29)
でしまる:アイアンマン3 (10/23)
平八郎:アイアンマン3 (10/20)