雷神 RAIJIN


セガールのアクション映画。
しかし、まさかのバカ映画。







肝心のセガールアクションはスタントマンがやっているようで、
それがバレないようにコマ割りで対応。
だから、コマが頻繁に切り替わって目まぐるしい。





サイコサスペンスだが、結局最後はセガールの暴力で解決。
推理なんてどうでもいいんだよと言わんばかり。



犯人が2人いて並行して話が進むものの、
それぞれに関わりはないという体たらく。
何故こんな話にしたのか。



そんな中、犯人の腕をトンカチで殴って粉砕させるセガールは
僕たちが憧れた強くて破天荒なセガール。
セガール映画ならもっとこういうのを全面に出して欲しかった。



終盤で恋人である同僚を殺されて失意のセガール、
ラストでどうしたかと言うと。



奥さんと子供のいる自宅に帰りました。
既婚者だったんかい。
殺された同僚は恋人じゃなくて不倫相手だったという衝撃の結末。
何このどんでん返し。
これまでのストーリーと無関係の斬新な展開です。

そして、妻から官能的な誘いを受けて。



ふぅ……みたいな顔をする満足気なセガール。
不倫相手が殺されたけどもうどうでもいいやという感じ。
見ている私ももうどうでもいいやという感じ。

ラストで一気にバカ映画になりました。 関連記事リスト
2014年03月15日 | E・ある意味最高バカ作 | Comments(0)
目次 (10)
S・映画史に煌めく傑作 (149)
A・必ず見て欲しい名作 (201)
B・見ても損はない良作 (184)
C・見なくてもいい凡作 (98)
D・見るとがっかり駄作 (53)
E・ある意味最高バカ作 (36)
未分類 (0)
愛とビールと川柳と
ゆうじろうのやっぱり映画好き
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
平八郎:ゼロ・グラビティ (02/05)
ヴィル:ゼロ・グラビティ (02/04)
でしまる:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/12)
平八郎:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/11)
でしまる:アイアンマン3 (12/05)
平八郎:アイアンマン3 (11/29)
でしまる:アイアンマン3 (10/23)
平八郎:アイアンマン3 (10/20)