スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | Comments(-)
  マーシャル・ロー


FBIによるアラブ系爆破テロリストの追跡劇を描いた、社会派映画。
マーシャル・ローとは戒厳令の意。



あらすじを聞いて思い浮かべるのがアメリカ同時多発テロですが、
実際のところ
1998年に公開されたこの映画とその3年後に起こった同時多発テロとは
類似点が多いのだとか。
そのため、
同時多発テロの犯人たちは
この映画から構想を得て計画を練ったのではないかと噂されたらしい。

そんな噂がある程度の説得力を持ってしまうほど
この映画のリアリティは凄まじい。
作り話を見ているとは思えないほどの重厚感は傑作の証。



デンゼル・ワシントンとブルース・ウィリスの共演および好演も
本作を傑作たらしめた要因だと思います。 関連記事リスト
2008年08月05日 | S・映画史に煌めく傑作 | Comments(0)
  この記事に対するコメント
  この記事に対するコメントの投稿












目次 (10)
S・映画史に煌めく傑作 (149)
A・必ず見て欲しい名作 (201)
B・見ても損はない良作 (184)
C・見なくてもいい凡作 (98)
D・見るとがっかり駄作 (53)
E・ある意味最高バカ作 (36)
未分類 (0)
愛とビールと川柳と
ゆうじろうのやっぱり映画好き
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
平八郎:ゼロ・グラビティ (02/05)
ヴィル:ゼロ・グラビティ (02/04)
でしまる:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/12)
平八郎:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/11)
でしまる:アイアンマン3 (12/05)
平八郎:アイアンマン3 (11/29)
でしまる:アイアンマン3 (10/23)
平八郎:アイアンマン3 (10/20)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。