スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | Comments(-)
  エレファント・マン


奇形の青年と人々の触れ合いを描いた感動映画。
断言できる。これが傑作だ。





醜い容姿ながら誰よりも美しい心を持った青年に
誰もが惹かれていく。



見世物になっていた青年を研究のために引き取った医師役に
アンソニー・ホプキンス。





他の人たちも作品を壊すことのない名優揃い。



エレファント・マンの 「僕は人間だ!」 という悲痛な叫びが心に残ります。
映画史に残る名台詞だと思う。



白黒ですが、絶対に見て欲しい。 関連記事リスト
2008年11月20日 | S・映画史に煌めく傑作 | Comments(8)
  この記事に対するコメント
 こんばんわ!

この映画は、確か小学生の時に観た覚えがありますね。
ただ、内容はどうも思い出せませんが。

これは、もう一度見てみたい映画ですね。
ありがとございました。

2008/11/21 23:53 | Mobius | URL | 編集

> Mobiusさん

何度見てもそのたびに感動できる映画だと思います。
レンタルではなかなかないので
私は思い切って購入しましたよ。

2008/11/24 22:54 | でしまる | URL | 編集

こんばんわ!
いつもお立ち寄りありがとうございます。

エレファントマン...。
私は小学生の時、リアルタイムに映画館で見ました。
ストーリーはもちろん、その世界観にすごい衝撃を受けた覚えがあります。

正直、トラウマになっています。
10年以上、見世物小屋でのBGMだった(?と記憶してますが)
オルガンの音色が(怖くて)聞けませんでした。

あれから30年。
大人になった今の自分はまた、別の受け止め方をするのだろうな、と思います。
死ぬまでには、もう一度観てみようと思います。



2008/12/28 20:36 | unico | URL | 編集

> unicoさん

子供の頃に怖かったのに
大人になってから見ると全然、というのは結構あります。
受け止め方が大きく違うのも新鮮です。

2008/12/29 16:53 | でしまる | URL | 編集

はじめまして。やっぱりこの映画はS級ですか・・・。映画そのものに縁もゆかりもない自分ですが何だか自分の事のように嬉しいです、僕も傑作だと思っててもちろんDVDも購入しましたんで。もう10年以上前に初めて見たんですけど大号泣でしたね。元々そうでしたがコレを見て改めて人を見た目で判断する事の醜さを実感しました。そして、どのような境遇であっても失わない綺麗な心・・・自分もそうでありたいと・・・。あえて白黒で余計な情報をカットされたことでより一層深く見ることができましたが、でも白黒の為若い方は最初が入りづらいかもしれませんね。でも全ての人に見て欲しい。そして自分が醜い人間になっていないか見つめて欲しい。カルト映画に間違われそうなこの映画にS級をつけてくださった"でしまるさん"も素敵な方なんだろうなって勝手に思ってます。それでは僕も過去に映画を見まくった人間なんでちょくちょくこちらにお邪魔させていただきます。ちなみにこのデビッド・リンチ監督の『イレイザーヘッド』・・・僕も見ましたが・・・これは・・・斬新とだけ言っておきましょう。乱文・長文失礼しました、ブログ頑張って下さい。

2010/08/25 01:53 | 九州男児 | URL | 編集

>九州男児さん

この映画は親にススメられて見たものです。
親が、昔見て感動した作品だから見てみろ、と。
今の時代では生まれてこないような素晴らしい作品でしたね。

2010/08/26 21:34 | でしまる | URL | 編集

でしまる先輩!
僕もディヴィッド・リンチをやらかそうという野望を持っているのですが
やらかす前から、ライフワーク的時間がかかりそうな予感・・・・
まずは『マルホランド・ドライブ』や『ロスト・ハイウェイ』あたりで
ウォーミングアップして、最後はあの伝説の『ツイン・ピークス』へ!
気が遠くなります。
ダメかもしれんです><

2010/10/10 02:09 | ゆきむね | URL | 編集

>ゆきむねさん

実は『ツイン・ピークス』見たことありません。
最近地上波でやる高画質映画をメインで見ているので
なかなかレンタルしないのですよねぇ……。
地上波でやらないような名作は多いのですけど。

2010/10/11 15:45 | でしまる | URL | 編集

  この記事に対するコメントの投稿












目次 (10)
S・映画史に煌めく傑作 (148)
A・必ず見て欲しい名作 (201)
B・見ても損はない良作 (183)
C・見なくてもいい凡作 (98)
D・見るとがっかり駄作 (53)
E・ある意味最高バカ作 (36)
未分類 (0)
愛とビールと川柳と
ゆうじろうのやっぱり映画好き
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
平八郎:ゼロ・グラビティ (02/05)
ヴィル:ゼロ・グラビティ (02/04)
でしまる:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/12)
平八郎:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/11)
でしまる:アイアンマン3 (12/05)
平八郎:アイアンマン3 (11/29)
でしまる:アイアンマン3 (10/23)
平八郎:アイアンマン3 (10/20)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。