おくりびと


邦画史上初のアカデミー賞受賞作。



アカデミー賞受賞といってもどうせ大したことないんだろと
ペルシャ猫撫でつつ葉巻を吹かしながら鑑賞。



いい話じゃねぇか……。



感動させようという押し付けがましさはありません。
淡々と描かれる様々な言動と行動が
じんわりと心の中に染み渡っていくような絶妙なる演出。



この雰囲気は
たぶん日本人の感覚でないと作れないと思う。



日本人なら絶対に見るべき一作。 関連記事リスト
2009年09月22日 | S・映画史に煌めく傑作 | Comments(10)
  この記事に対するコメント
いつか私も映画だけのページをと・・・羨ましく思っていましたが、
好きな映画を自分なりにまとめられており、良いページですね。

「おくりびと」は大分前に観ましたが、納棺と言う儀式をこんなに美しく
描いている映画は初めてでした。動かない人を着替えさせるシーンは
何度も練習したんでしょうね~動作が綺麗でしたね。
私も観る前は、はっきり言って期待はしていなかったのですが、・・・
アカデミー賞受賞!
日本人にしか分からない繊細な感覚かと思ったのですが、受賞して良かったです。
でも、・・この感覚が分かるなら、外国映画ももう少し繊細な感覚をもった監督が
出てきて欲しいものです。
【映画大好き人間のチューリップでした~!  d(゚-^*) ナイス♪】



> プリティ・カフェ・チューリップさん

確かに動作が綺麗でした。
私も、誰かを送る場合は是非納棺師に頼みたいと思います。

2009/09/23 13:59 | でしまる | URL | 編集

気にはなるけど大したことはないんだろなー
なんて自分も期待してなかったんで見るの先送りにしてたのですが…

これはいい意味で裏切られそうですねw

今から借りにいってきます!

2009/09/25 16:44 | move | URL | 編集

「おくりびと」気になっていましたが
こちらの記事を読ませていただいて
これは絶対見よう~と思いました^^





2009/09/26 21:03 | yuki | URL | 編集

私は映画館で3回観ました。あったかで、優しくなれる映画でしたね。このサイト凄いですね。楽しいです。

2009/09/26 21:55 | 山海桃花 | URL | 編集

わたしも
「話題先行で実際の所は大したことないんでしょ?」
的な感じでいたんですよ
たまたまテレビで放映すると聞いて、見てみたんですが
「なんていい映画なんだ…」
いままで知ったかぶっててごめんなさいと土下座したい気分です、はい…
映画好きですなんて言えないなぁ、これじゃ^^;

2009/09/26 23:12 | HANA子 | URL | 編集

> moveさん

ついこの間テレビでやってましたよ。
残念!

2009/09/27 00:50 | でしまる | URL | 編集

> yukiさん

いつかは我が身という映画なので、
色々と考えることはあると思いますよ。

2009/09/27 00:51 | でしまる | URL | 編集

> 山海桃花さん

3回も見たんですかー。すごいですね。
でも、繰り返し見ても決して飽きない映画だと思います。

2009/09/27 00:52 | でしまる | URL | 編集

> HANA子さん

日本ならではの題材でアカデミー賞をとったことが
素晴らしいですね。
海外の人たちにもこの感覚が伝わったということですから。

2009/09/27 00:54 | でしまる | URL | 編集

  この記事に対するコメントの投稿












目次 (10)
S・映画史に煌めく傑作 (149)
A・必ず見て欲しい名作 (201)
B・見ても損はない良作 (184)
C・見なくてもいい凡作 (98)
D・見るとがっかり駄作 (53)
E・ある意味最高バカ作 (36)
未分類 (0)
愛とビールと川柳と
ゆうじろうのやっぱり映画好き
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
平八郎:ゼロ・グラビティ (02/05)
ヴィル:ゼロ・グラビティ (02/04)
でしまる:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/12)
平八郎:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/11)
でしまる:アイアンマン3 (12/05)
平八郎:アイアンマン3 (11/29)
でしまる:アイアンマン3 (10/23)
平八郎:アイアンマン3 (10/20)