スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | Comments(-)
  ネバーランド


劇作家ジェームス・マシュー・バリーが戯曲『ピーター・パン』を書くまでを描いた映画。
実話をもとにしたお話。



主演ジョニー・デップ。
この映画では何と顔色が悪くありません。
大丈夫か?





妻がいながら、とある若い未亡人に心惹かれるジェームス。
子供たちとも仲良くなるものの、
三男ピーターは父親を失った悲しみで心を開いてくれない。





そこで、劇作家であるジェームスはピーターに
空想で自由な世界を描いてそれを物語として書き留めることをすすめる。





ラストは、切ないながらも心が温かくなる感動的な締め方。
大人になっても夢見ることを忘れないでほしいという想いを静かに淡々と語ります。



ジョニー・デップといえば顔色の悪い少しイっちゃった役が多いので、
こういう常識的な役を演じる作品は見もの。 関連記事リスト
2011年10月05日 | A・必ず見て欲しい名作 | Comments(0)
  この記事に対するコメント
  この記事に対するコメントの投稿












目次 (10)
S・映画史に煌めく傑作 (150)
A・必ず見て欲しい名作 (201)
B・見ても損はない良作 (184)
C・見なくてもいい凡作 (98)
D・見るとがっかり駄作 (53)
E・ある意味最高バカ作 (36)
未分類 (0)
愛とビールと川柳と
ゆうじろうのやっぱり映画好き
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
平八郎:ゼロ・グラビティ (02/05)
ヴィル:ゼロ・グラビティ (02/04)
でしまる:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/12)
平八郎:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/11)
でしまる:アイアンマン3 (12/05)
平八郎:アイアンマン3 (11/29)
でしまる:アイアンマン3 (10/23)
平八郎:アイアンマン3 (10/20)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。