もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


話題作の映画化。
主演は元AKBの前田敦子。







原作も読みましたが、
決められた尺の中に巧く収めてはいるなといったところ。





ご都合主義的な展開は映画でも相変わらずですが、
この作品の核はあくまでもドラッカー理論なので、
それをプレゼンするための手法の1つとして特に文句はありません。
ただ、この作品に興味があるにせよ
本か映画のどちらか一方に触れれば充分だと思う。





映画として面白いかというと、ごくごく普通。
そんなにつまらなくはなかったけど
見た方が良いと言えるポイントもありません。





主演の前田敦子は、可愛く見える時もあるんだけど、
たまに信じられないくらいすっとこどっこいに見える時もありました。
フット後藤さん言うところの
高低差ありすぎて耳キーンなるわという感じ。





そして、何とこの映画ではドラッカー氏も出てきます。



みんな、笑うところだぞ! 関連記事リスト
2012年09月22日 | C・見なくてもいい凡作 | Comments(0)
  この記事に対するコメント
  この記事に対するコメントの投稿












目次 (10)
S・映画史に煌めく傑作 (149)
A・必ず見て欲しい名作 (201)
B・見ても損はない良作 (184)
C・見なくてもいい凡作 (98)
D・見るとがっかり駄作 (53)
E・ある意味最高バカ作 (36)
未分類 (0)
愛とビールと川柳と
ゆうじろうのやっぱり映画好き
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
平八郎:ゼロ・グラビティ (02/05)
ヴィル:ゼロ・グラビティ (02/04)
でしまる:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/12)
平八郎:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/11)
でしまる:アイアンマン3 (12/05)
平八郎:アイアンマン3 (11/29)
でしまる:アイアンマン3 (10/23)
平八郎:アイアンマン3 (10/20)