キラー・ヴァージンロード


岸谷五朗氏が監督を務めるコメディ映画。





舞台を中心に活躍する岸谷五朗氏が監督をしているだけあって
映画というより舞台のノリです。





唐突にミュージカルが差し込まれたりと型にはまらない演出は
舞台好きの人は気にならないのかもしれませんが、
私のような舞台演劇に興味のないタイプの人間は結構白けます。
実際、白けました。





ストーリー自体は悪くなく、ラストも皮肉が効いていて個人的には好み。
が、演出にはどうしても違和感が拭えず。
これを映画でやる必要性が見当たらない。







映画向けの自然な演出にすれば面白いバカ映画になったと思う。
それだけに残念。 関連記事リスト
2012年12月08日 | D・見るとがっかり駄作 | Comments(0)
  この記事に対するコメント
  この記事に対するコメントの投稿












目次 (10)
S・映画史に煌めく傑作 (150)
A・必ず見て欲しい名作 (201)
B・見ても損はない良作 (184)
C・見なくてもいい凡作 (98)
D・見るとがっかり駄作 (53)
E・ある意味最高バカ作 (36)
未分類 (0)
愛とビールと川柳と
ゆうじろうのやっぱり映画好き
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
でしまる:ゼロ・グラビティ (02/13)
平八郎:ゼロ・グラビティ (02/05)
ヴィル:ゼロ・グラビティ (02/04)
でしまる:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/12)
平八郎:スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 (03/11)
でしまる:アイアンマン3 (12/05)
平八郎:アイアンマン3 (11/29)
でしまる:アイアンマン3 (10/23)
平八郎:アイアンマン3 (10/20)